Johnny One Time

うさぎと犬と似非哲学者がダラダラとカオスな日常を綴るどうでも良い空間。

工場派遣

昨年の秋、引っ越して遠くなったため退職したあと、教習所に通ったり海外へ行ったりとバタバタしていた。

 

1月にイタリア、5月末にはイタリアとチェコに行ったのだが、その間さすがにヒマ過ぎたので生まれて初めて日雇いの工場派遣に行ってみた。時給は安いものの月〜金の6時間勤務、週1回から希望シフトで働けるという恵まれた条件だった。

 

生活の糧として働くには週5フルで働いても12〜13万にしかならないためキツイと思うが、主婦の小遣い稼ぎには最適だった。何より、翌週のシフトを木曜までに出せば良い、かつ1週間以上休んでもOKという緩さが魅力的。 

 

主婦のほか、学生のスポット派遣も多く、学生の場合は冬・春・夏の長期休み中だけ働く人も多かった。だからこそ可能な勤務体系なのだろう。

 

また、数週間入って数ヶ月空けてまた働く、そんな勤務が可能なだけに人間関係もそれほどキツくなく、学生の多い職場は良いなぁと実感したものだ。

 

唯一の難点はパートのおばちゃん(おねーさん!?)が怖かったことくらい。

 

よく派遣社員ヒエラルキーの底辺」だとか派遣社員は職場のカースト制度を身近で体感する」なんて言うけど、あれ本当だと思う。

 

これまでわたしが派遣社員として働いてきた職場は、コンプライアンス遵守に命をかけているような大手企業ばかりだったので、派遣社員だからと差別されたり不利な条件で働かされるデメリット面より、責任を負わなくて良い、とか残業しなくて良いとか休みやすいとかそういうメリット面を多く感じてきた。

 

しかし工場派遣の場合はヒエラルキーを感じやすい。

 

わたしの勤めていた場所もまさに職場カーストの縮図。正社員は現場にほとんど出ず「生産管理」というお題目の下、時折ラインのスピードを変えたり残業の打診に来たりするくらいで、実際に現場で派遣社員を使う責任者はパートの人達だったのだ。

 

そこでは正社員ではなくパートのおばちゃん達(男性皆無でしたw)のご機嫌を伺いつつ働かなければならないのだが、このおばちゃん達、ほかの業種経験がないのかどんな仕事をしてきたのか頭を捻りたくなるほど言葉遣いが悪く、また依怙贔屓も多くてコンプライアンスにうるさい大手企業」に派遣されてきたわたしには当初信じがたいものだった。

 

慣れてくると、みんな仕事は出来るしおばちゃんほど懐くと可愛がってもらえることは分かったが、おばちゃんはおばちゃんに厳しい傾向があるようだ。

 

おそらく若いと物覚えも良く器用だが、歳を取れば取るほど物覚えが悪くなり、また目が悪くなったりもして作業効率が悪くなる。

 

工場派遣はある程度の年齢になっても働ける機会の多い職種だが、仕事が遅いと生産管理に追われている本職の方々に疎まれてしまうので要領の良さが必要なのだと思われる。

 

 

 

 

 

2017年上半期のつれづれごと

このブログを中断していた理由は非常にシンプル。

パスワード忘れてた( ꒪⌓꒪)

たったそれだけだったが、放置している間に起きた出来事はたくさんある。

 

パスワードを忘れて「はてなブログ」に入られなかったためAmeba owndに登録したところ、思いのほかデザイン性や編集機能の使いやすさが気に入った。ただ、一方で親元のサービスAmeba自体はアプリを開くと出てくるトップニュース()が『速報!よゐこ濱口氏ブログ開設!』などしょーもなさすぎてまぁ読まなきゃ良いんだけど毎度目に入るのも嫌だからはてなブログ再開出来た瞬間、やっぱこっちのほうが良いかなと感じた。

 

ブログ中断中の色々を、今からもう一度分けて書くのは大変な作業なので、とりあえずここにまとめておこうと思う。

 

  • 2017年1月 祖母・母・夫とイタリア旅行
  • 2017年1月末 工場派遣で働き始める
  • 2017年4月 祖母急逝
  • 2017年5月末〜6月 母とイタリア&チェコ
  • 2017年6月 結婚式
  • 2017年6月末 福岡旅行
  • 2017年6月末 フルタイム派遣で働き始める
  • 2017年7月末 祖父・母・夫と徳島旅行
  • 2017年8月なう

 

やだ、ほんとに色々ありすぎワロス

イタリア旅行とか祖母のお話はだいたいAmeba owndのブログに書いているので、気になる方がいらっしゃればリンク先へどうぞ。

火星人ペガサスの日常

 

 

 

 

 

はてなブログ再開

Ameba owndというアメブロ系列のブログサービスが、見た目を美しく自分好みのデザインに出来るため、2017年始まってからずっとそちらを利用していた。しかしアメブロはあれだね、なんというかアフィ系ブログが多すぎる。

 

内容は大したことないものばかりだし、文章も下手くそだったり、やたら短かったり、到底「読み物」として本来楽しめるレベルに達していない。

 

ファッション系のブログを読めば、ド素人がみんな同じようなポーズで体型を隠しながら自撮りしている写真ばかり。コーディネートは大抵、誰もが身近と思えるユニクロしまむらなどファストファッションメーカーのもので、「全身1万円でこんなオシャレに!」なんて感じになるような記事を皆さん載せている。

 

ところがどっこい、ヨーロッパの街中でファストファッションを見てくると日本の、それもたかがブログ上でド素人がコーディネートしているファッションなんてどれも田舎臭いしダサい、としか思えない。そもそも日本人の体型に洋服は似合わないし、長身で手足の長いプロのモデルが着こなすスタイルと胴長短足日本人が頑張って体型を誤魔化しながら撮影するスタイルとでは、どちらがカッコ良いかなんて語らずとも分かるだろう。

まぁかくいうわたしも日本人体型まっしぐらなのだが、だからこそネットなどのメディアでは美しいもの、特別なものが見たいと思うのである。

 

願望

最近、毎日「死にたい」って思ってる。こんなこと書くと、死に直面した、たとえば若くして大病を患っている人などが聞くと「何を甘えたこと抜かしてるんだ」なんて感じるかもしれない。確かに甘えている。死の恐怖を味わったことがないから、死にたいと感じるのかもしれない。でもね、それだけじゃないんだ。

 

死にたいと思うのはこの世に未練がないから。

生きたいと執着を持つほどやりたいこともなくて、一緒に生きていきたい人や守りたいもの、夢や希望、なんにもないからなんだ。

 

まさに人生の無駄遣い。

 

人にあげられるものなら、いくらでもこんな人生あげたいと思う。いま、もっと長く生きたいと思っている人に命の蝋燭の残りを継ぎ足してあげられるものなら、いくらでも差し出したい。

 

わたしには、この人生を上手く歩んでいく自信がない。他の人なら、もっと上手く使ってくれるかもしれないのにね。

 

人生は不公平。

生きたいと願う人が生きられなくて、死にたいと願う人が生きてしまうなんて。

 

いつか、生あることに感謝できる日がくるのだろうか。

【第一段階】修了検定&仮免試験

ドキドキしながら迎えた修了検定&仮免試験。

朝10時半に集合したあと、修了検定で無事にオッケー貰えたら学科試験1時間、さらに学科で合格したら仮免の注意事項レクチャーのあと、早速第二段階最初の学科講義まで入るという長丁場の予定でした。

 

スケジュールとしては10時半〜13時まで修了検定修了検定の合格者のみ13時半〜14時半まで仮免の学科試験、学科試験の合格者のみ14時半〜15時半まで仮免の説明、15時半〜16時半まで二段階の学科講習となっていて、修了検定や仮免試験に落ちるとそこから脱落して早く帰宅できる…という感じです。

 

修了検定の全体時間が長いですが、最初の1時間はコースの割り振りと説明、順番決めで終わり、11時半からスタートしました。

 

その日、修了検定&仮免のために集まった教習生は約20人ほどの大所帯、まぁ一日潰れるわけだから土曜日に集中するのは当たり前よね、てかこの教習所、土曜日以外は修了検定とかやってないぽいです。

 

今通っている教習所は学生女子率が異様なほど高く、わたしのような主婦ニートはもちろん、男子学生ですら若干肩身狭そうでカワイソス。

 

修了検定は4人前後のグループで行われるのですが、女子率高すぎて4グループが全部女子(笑)もちろんATとMTで分かれてグループになるのですが、女子は全員ATです。

 

残りの男子4〜5人は全員がMTで、AT全盛の現代においても暗に囁かれる「男子でAT限定ってどうよ?」という感覚は現在のようです。

 

まぁ実際、わたしも学生時代に自分は免許持ってないくせに男友達の「AT限定」免許を初めて見たとき『えっ、エーティー限定ってなに?普通の車運転出来ないの?』とかおバカな発想をしてしまったりしたので、まぁその頃に比べると一般的になっているとはいえ『限定』というのが嫌な人も多いかもしれません。

(ちなAT限定は1990年とかその頃に初めて出現したらしい)

 

でもわたしはAT限定だよ、だってどう考えても

MTの免許取れる自信ないし実際ATでも苦労してるから限定にして良かったと思うし、MT乗る機会があるとも思えないもの。

 

学科講習で一緒になる教習生はAT限定の男子学生さんもチラホラ、というか今は結構多いみたいなので、修了検定のときがたまたまだったのかもしれません。

 

さて、グループ分けはよく「一番最初はヤダ」という声を聞くので、どうなることやらと思ったのですが幸い二番手になりホッとしたのもつかの間、今度は各グループによって検定のコースが異なるのでコース説明の紙が配られます。

 

ほぇぇ、全員が同じコースじゃないんだ、と思いつつ紙を眺めていると「このグループは3番のコースです」とか言われて愕然。

 

一段階の修了検定はネックだらけでしたが、その中でも最難関といえる狭路の通行。

 

最初に、友人に「教習所行き始めた」と話したとき、「S字とクランクはマジやばい」なんていう評価を聞き、ネットで見ていてもココで引っかかっている人が非常に多い鬼門みたいな場所なんで、自分が出来なくてもあまり落ち込まずにいようと構えてはいたのですが、予想以上にムリすぎて教習所通うの嫌になりかけたレベルでした。

 

それでも一応、みきわめA判定出してもらったから修了検定の場にのこのこと出てきているわけですが、みきわめの時も夜で視界不良+一回だけS字、クランク成功、あとは脱出方法を教えていただき「脱輪しそうになったら先生の動きが変わるから、そっちよく見てヤバイと思ったらブレーキかけてちょっとバックしたら大丈夫!」と抜け道的な方法を教えてもらった感じなんで、成功率は限りなく低いんですよねぇ。

 

しかも、修了検定で当たった3番のコースは、これまで一度もS字、クランクともに成功したことがなく、「うーん、成功したほうと同じなんだけどね…」とみきわめ直前の先生にも首を傾げられた場所なんです。

 

当たりが悪いわ、と感じつつも今さら逃げ出せないのでチャレンジ。

 

説明が終わったら15分ほどの休憩時間があり、その後早速修了検定へ突入します。

 

休憩が終わると教習車の前に集まり、ついに検定スタート。初っ端に運転するのは大学生らしき女の子(というか同じグループはわたし以外全員10代か20歳前後(涙))で、二番手のわたしは後部座席に乗っかりました。

 

さすが、若いからなのか彼女はとっても運転が上手で、S字やクランクも一切引っかかりません。全てのチェック項目を簡単にスルーして、車から降りるとき教官も「いやぁ良かったよ」とアドバイスというより褒めていた感じでした。

 

そしてついに、二番手のわたくしです。

最初の方の運転を見ていたので、いつもよりはスムーズにスピードなども出せましたが、坂道で後部座席に人が乗っているとATでも後ろに下がっていくのね…と実感(笑)アクセル踏んだら一時停止の線を超えそうになり、慌ててブレーキ。

検定止められるかな、とヒヤヒヤしましたが大丈夫だったようです。車体の大きさがイマイチ掴めん…。

 

で、踏切の停止とかもそれなりにうまくいき、ついに難関のS字、クランク!とにかく教官の動きに気を配り、ちょっとでも怪しげなそぶりをしたら即ブレーキを踏むぞという心構えでいきました。

 

みきわめの時に教えてもらったとおり、確かに教官の動きがかなり頼りになります。逆にいうとそれじゃあ1人で運転できないんじゃないの?って思いますが、まぁ免許取り立てで1人きり、狭路に入り込むことなんてまずないはずなので、そこは突っ込まないでおきましょう。

 

S字もクランクも入り口と2つのカーブ(曲がり角)を終えると出口です。

 

どちらも、2つ目のカーブを曲がりかけたあたりで「ここ出て左ね」と教官が前を向いたので、『お、これは行けたな』と一息つきました。

 

出口から出る時に左側が脱輪するパターン多し、と聞いていたので若干右にハンドルを切りながら移動。

 

生まれて初めて、無事にS字とクランクが通過できました!修了検定のときに初めてクリアできるとか、なかなかスゴイわ、わたし。

 

実は、S字とクランクについて、運転の上手な夫に前日アドバイスを貰っていたのがかなり効果的だったみたいです。

 

『失敗するのは入り口から入る段階で左に寄せすぎているから。』

 

教習所のS字とクランクはどちらも左折して入っていく形になっていました。左折のときは左に寄せる、と聞いているのでその通りにやっていたけど、夫に言われたとおりに検定のときはわざと右に少しだけ寄ってから入るようにしました。これでなんとかなったわけですね。

 

心配した大きな失敗はなく、車から降りるときに『よく頑張りましたねー。あとは目線が近いのとハンドルの切り方がおかしいときあるから気をつけてね。』とアドバイスをいただき、まぁこれは合格だろうなとホッとしました。

 

実際の合否の発表はそれから30分ほどあとになるのですが、そこまでボケッと待っていると仮免試験の勉強ができません。

 

仮免試験の勉強って、数日前からちょっとスマホに問題集のアプリ入れて解くくらいで、「技能落ちたら意味ないから」とほとんどやっていませんでした。

 

逆に技能がおそらくOKとなったいま、勉強しなければまた1週間待って仮免試験を受けなければならないのです!

 

というわけで、付け焼き刃にもほどがありますが、取り急ぎお勉強タイムに入りました。

 

黄昏

自分の中にいつも蜷局を巻いているドス黒い感情は、はけ口を失い全て自分に戻ってくる。終わりのない思考はメビウスの輪のようで、やがて解決しないまま中断されるのだが、しばらくするとまたぶり返してくる。

人々はハロウィンに浮かれ、南瓜色に染まる街を行き交う。楽しそうなその姿が羨ましくて、幸せを享受できない自分なんて消滅してしまえば良いのにと願った。

モヤモヤする心の中には日々を謳歌する人々に対する嫉妬心、劣等感、そして虚無感が漂う。

しかしその感情が沸き起こる原因は自分勝手以外のなにものでもないことを、わたしはよく知っている。

そう、自分にはなにもない。

幸せもなければ、とんでもない不幸もなく、お金があるわけでもないが、毎日の食事に困るほどお金がないわけでもない。

最低限の生活を保障されたぬるま湯のような暮らしをする中で、自らの努力を怠ったがために閉ざした未来を未だに悔やんでいるだけの人生。

どこかで方向転換できたかもしれないのに、その都度楽なほうに流された結果、いつの間にか逃げ道もなくなってしまった。

 

醜い感情を押し殺して「いい人」のふりをするのは簡単だ。しかし、時々抑え込んだ感情が噴き出してしまうのを止められない。

 

どうすれば、マトモな人間になれるんだろう。

【EMILI】電子タバコEMILIを使ってみた

電子タバコEMILIを買ってみたので、使用がてらレビューすることにした。

 

友人が「いま最高にアツい『大人のオモチャ』だよ!」と世間知らずの彼女でなければ表現できないような言葉で言い表しながら勧めてくれた電子タバコEMILIだが、確かにこれはちょっと心がwkdkする大人のオモチャではある。

 

とりあえず充電しないと何も始まらないのでUSB充電スタート。PCで充電するとき、蓋を閉じたらもはやスマホにしか見えないので仕事中や家庭でのカモフラージュ(?)にももってこい。

 

f:id:mj1021:20161024114125j:image

 充電スタートするとUSB挿入口横と、アトマイザーを入れている部分2ヶ所、と3つのランプが点灯する。

 

このケースには、それ自体に充電機能があるのでアトマイザー本体を入れずにケースだけを充電することも可能だ。

 

 

そうそう、わたしが吹かしタバコから電子タバコに変えてみようと思った理由はランニングコストの問題もあったがもう一つ、自宅での仕事中に行き詰まるとタバコを吸いたくなる→しかしタバコは換気扇の下限定→手が止まる、という悪循環を止めたかったということもあった。

 EMILIならPC充電しながら吸えるのでヘビースモーカーにもありがたい。

 

約1時間ほど充電したのち、いざ使用開始!

まずはアトマイザーにリキッドを入れてみよう。

 

f:id:mj1021:20161024114123j:image

 

アトマイザーへのリキッド注入はかなり入れづらいので注意が必要だ。

 

f:id:mj1021:20161024115718j:image

ちょっと分かりにくい写真だが、アトマイザーの中央部には空洞があり、この部分にはリキッドが入らないように注入しなければならない。

脇のほうからそっと入れることになるが、かなり用心深く入れないと中央部分にこぼれ落ちてしまうこともあるので、可能なら口の細いスポイトなどを用意すると良いだろう。

ハイパーメンソールのほうはそれほどきつい匂いではないが、グリーンアップルのリキッドはかなり強烈な芳香を放っているため、こぼすと部屋中がえらいことになる。

 

f:id:mj1021:20161024114122j:image

 注入したあとはこんな感じ。

1日の吸引でどの程度減るのか分からないが、リキッドを入れて少し試し吸いをしてみたところ、結構リキッドの充填は必要なのではないかと感じた。

 

もし1日中家にいて、PCで作業しながらヘビーに吸入するとしたら、半日に1回くらいは充填したほうが良さそうだ。

 

そうなるとリキッドの減りが早くなるのでランニングコストがどの程度になるか気になる点でもある。

f:id:mj1021:20161024115709j:image

 しばらく放置していると、ケースのUSB挿入部横が緑になった。これはケース側の充電が終了していることを示す。

一方、2ヶ所のアトマイザーの充電状況を示すランプは赤いままなので、これからまだしばらく充電が必要だというわけだ。

 

吸ってみた感じは、ハイパーメンソールがかなり爽快感がある反面、グリーンアップルは匂いがスゴくて家の中で吸いすぎると怒られるような気がしてならない。

 

また、タバコ感は限りなくあるが、タバコではないので吹かし型にとっては良いのだが実際にタバコを吸う人といるとき、タバコが欲しくなるのではないかという懸念も残っている。

 

さらにもう1点、電子タバコを吸って困ったことがひとつある。

 

だんだん短くなってきたから消して吸い終わる、これがタバコの風習なのだが電子タバコの場合電池が尽きる以外の終わり方がないので、いつどのタイミングで吸い終えたら良いのか今のところまだ分からない。