Johnny One Time

うさぎと犬と似非哲学者がダラダラとカオスな日常を綴るどうでも良い空間。

問題発生。


引っ越しまで残りわずかというところに来て、問題発生。ペット可物件(但し小型犬一匹に限る)という条件で見つけた新居ですが、コーギーって小型犬なの?という疑問が延々頭を占める。わたしの目から見たら、コーギーってどう考えても小型犬じゃない。だって、小型犬といえばトイプードルとかミニチュアダックスとかチワワとかシーズーとか、そういう本当に小さな犬のイメージだもん。
でも不動産屋さんに聞くと『コーギーなら全然大丈夫ですよ』なんて言う。マジか!?
まぁ、うちの犬はマンション生活8年で、3回引っ越しをしているツワモノ。もちろん、コーギーぐらいのサイズでペット不可物件なんて絶対無理なのでペット可マンション。最初の家は小型犬1匹まで可(10kg前後まで)、次の家は小型犬2匹まで可(10kg前後まで)、今の家は小型犬2匹、猫1匹まで可(犬は体高35cm以内、10kg前後まで)。で、今の家に引っ越す時の契約書には堂々と『コーギー、12kg』と書いてる。それでいけたんだわ、と思ったら、さすがに疑心暗鬼のわたしもプロの不動産屋さんがなんの問題にもしてないってことだし楽勝なのか、と安心していたのだが。
次のマンションの規約がやっと届いたので開けて見てビックリ。

『成獣で体長50cmまでの小型犬1匹まで可』

うっ。

新しい。

なんなんだ、『体長』って。
うちの犬はコーギー。不動産屋さんはコーギー大丈夫って言ってたけど、どー考えてもコーギーって胴長なわけだから50cm以上あるでしょ。成獣っていう部分は、今年9歳になるから全然オッケーだけど。
これ無理なんじゃないの?
でもでも、いまさら無理って言われても、今の家解約することは決めてるし、え、もしかして家なき子状態になるの?同情するなら金をくれぇ、じゃなくて家をくれ、になっちゃうじゃない。

ネットで調べてみると、集合住宅の『小型犬可』物件には、体長50cm縛りが結構多く存在するようです。ヤバイやばいヤバイやばい。
焦って、今度は『犬の体長』について調べてみる。

f:id:mj1021:20160220033537j:image

コーギーのサイズって、小型犬に分類されたり中型犬に分類されたり、結構ややこしい。
ドッグランでも、大型犬コーナーと小型犬コーナーの前で、柴犬の飼い主さんと頭を抱えた記憶がある。大型犬コーナーでは、ボーダーコリー(だいたい20kg前後以上)やらレトリーバーやらの、明らかに大型犬ちっくなワンワン達が走り回っている。一方の小型犬コーナーでは、トイプードルやらチワワやらミニチュアダックスやらパピヨンやらポメやらが、優雅にちまちまと遊んでいる。
いったい、私達、どっちに入れば良いの?
と柴犬オーナーと顔を見合わせた。
ちょうど、柴犬とコーギーはたぶんほぼ同じサイズ。柴犬を短足にして胴をちょっと長くしたのがコーギーだ。柴犬もやっぱり、中型犬に分類されたり小型犬に分類されたり、ややこしい犬種。だから柴犬オーナーさんとはサイズ感的に一番理解しあえるような気を勝手に持っているのだけど、ドッグランでは柴犬オーナーさんのほうも同じような気持ちだったらしい。
「…どっちいきます?」
小型犬コーナーに柴犬とコーギーが乱入するのは、なんとなく申し訳ない気がする。しかし大型犬コーナーのワンワンと比べるとあまりにも小さい、コーギーはダサい(笑)
で、まぁ結果的には、コーギーも柴犬も運動量が必要なので大型犬コーナーで遊ばせてもらいましたが、とにかくコギってそんなサイズ感の測りにくい犬だからか、めちゃくちゃしっかりした基準の画像が見つかった。
この図でいくと、体長は頭や尻尾(コギにはないけどね笑)を除いた胴体部分を指すらしい。
おお、これなら、もしかするといけるかもしれぬ。
もう家が決まった体で話は進んでいるわけだから、いまさら無理って言われてもどうしようもない。最悪、数センチとかなら誤魔化してみようと思いつつ、とりあえずは測ってみる。

f:id:mj1021:20160220033745j:image

おお。

f:id:mj1021:20160220033750j:image

おおっ。

f:id:mj1021:20160220033822j:image

ぴったり50cm、キターーーー!

ついでに、色々測ってみる。
しかし、こいつメジャーが怖いらしくて逃げ回るので、体長以外は写真撮れず。
吠えずに逃げ回るとこが、ちょっと可愛いけど、こんな真夜中にドタドタしないで欲しい。

さて、悲しき短足コーギー
体長は50cm、体高はオデコから床までが38cm、でもお尻から床までは30cm弱。
どんだけ顔デカイねん(笑)
体重は10.8kg、あら優秀。
デカイデカイと思ってたけど、実はそうでもないことが分かった。ギリギリ小型犬でいけるやん!
集合住宅のペット可物件で、小型犬のみ可という場合、共有部分(廊下とかエレベーター)で抱っこが出来るか、ということを基準に考えられているようだ。わたしは、自分自身の体格が良いこともあって、12〜13kgぐらいまでは余裕で抱っこ出来る。そもそも、うちのコギが最大級にデブリンだった頃、15kgあっても普通に抱っこしていたわけだから、その辺は任せてって思う。こういう時、飼い主の体格の良さは吉と出ます(笑)

色んなサイズを測って嬉しい飼い主。
最後、体重計に一緒に乗ってから、自分だけでもう一度乗って、差し引いた数字が犬の体重、っていう測り方をしたんだが、自分の体重の重さにテンションだだ下がりするのであった。

ちなみに、トイプードルの体長は平均20cmぐらいらしい。

f:id:mj1021:20160220034643j:image

あぁ、ちっちゃいって羨ましい。

画像はないけど、ミニチュアダックスは体長40cm程度。さすが胴長ちゃんです(笑)
案外、体長はコーギーもダックスとさほど変わらんのだな、と思う。それなのに大きく見えるのは、骨格の違いかな。サイズ的には小型犬でも、コーギーの骨格の良さは中型犬並み。だから、声も野太くて、小型犬にありがちなきゃんキャン鳴きではなく、ウォンウォンと、声だけ聞いたらどこの大型犬やねんみたいな感じです。
でも良かった。
問題は一つクリア出来そうです。
それにしても、サイズを測って分かったことが一つ。

f:id:mj1021:20160220034957j:image

お前は、本当に顔がデカイな(笑)

そんな、優秀ジョニーに乾杯!