読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Johnny One Time

うさぎと犬と似非哲学者がダラダラとカオスな日常を綴るどうでも良い空間。

犬のケージ飼い

昨夜、今朝と立て続けにケージ内に入れた犬が真夜中や早朝に突然吠え出すという事件が続き、飼い主は疲弊している。引っ越して約1ヶ月、これまでと同じように飼い主が寝る前にケージへ入れ、朝起きると出すというパターンで特段変化したわけではないのだが、どうしてなのか。鳴き声は、最初ヒュンヒュン、キュンキュンから始まり誰も来ないと分かると野太いワンワン声になる。うちはコーギーだからなのか、大型犬のように大きく低めの声で、ワン、ワン、と吠える。小型犬の高めで連続したキャンキャンという声ではないが、いずれにしてもうるさいことに違いはない。いや、連続しては鳴かない代わりに、そもそもの声が大きいのでどう考えてもうちの犬のほうが小型犬よりうるさい。その大きな声で吠えられると、近所迷惑なことこの上ない。飼い主も起こされて睡眠不足。生活しづらい。だからこそ、ケージに慣れさせて、これまでケージに入れても鳴かないようになっていたのに、どうして突然!?
日が昇るのが早くなったからでは?と相方が言ったが、前にわたしが住んでいた家は思いっきり東向きでカーテンも開けっぱなし、朝日で目がさめるある意味素晴らしい環境だったが、そんな部屋で4年暮らしていてもケージの中の犬が吠えるのは、来客時、あるいは救急車やパトカーの音に反応して、というところだった。真夜中に突然思い立ったように吠えるなんてなかったのに。
今週に入って、水曜、木曜と吠えられている。
明日明後日、週末の休みでいかに調整できるかが、来週からの安眠に繋がる。

とにかく、朝早いからゆっくり寝たいのよ…