読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Johnny One Time

うさぎと犬と似非哲学者がダラダラとカオスな日常を綴るどうでも良い空間。

時差ぼけ全開、恐怖のイタリア旅行完遂。

いやはや、初の夏イタリアは大変な目に遭いました。まずのっけから国内の空港でチェックインするつもりが、新婚旅行なのに夫がパスポートの有効期限残り90日なくて乗れないというまさかのアクシデント発生。とはいえ航空会社の責任でもなんでもなく、自分達の責任なのでどうしようもない。行くの行かないので悩んだが、出発まであまり時間があるわけでもなく、結局泣きぬれて一人出発。およよ、さっきまで笑顔だったのに。

飛行機の中は、夫のシートが完全に空いているうえ、その隣も空席でラッキー。3つの席を占領して涙を流しつつ爆睡。朝から何も食べていなかったので、機内食が初ご飯。KLMの機内食、たぶんすごく美味いです。機内食1を完食、お腹すいているけど何も買う時間なく出てきてしまったので、次のアイスクリームまで爆睡。アイスクリームを食べた後、まだお腹が減って仕方がない。カップヌードルがもらえる事に気付き、深夜っぽい真っ暗な機内をフラフラと彷徨う。見事ゲットしてカップヌードルを食べながら小説を読了。また爆睡。朝ごはんが来るまでひたすら眠る。そして朝ごはんぽい、また美味い機内食を食べてアムステルダム着。今回の出発便は今までで一番酷かったです、自分の行動がね。ショックで泣き濡れたわりに、というか泣き濡れたせいでというか、とにかく眠すぎるので寝まくって、お腹すきすぎるので食べまくった機内。めっちゃ快適でした(笑)

アムステルダムでもトランジットは余裕の3時間。一人新婚旅行になったという話を知人に電話しまくり、Wi-Fiを繋いでゲーム三昧。あげくスタバでホットチョコを飲み、ついでに晩御飯用のサンドイッチもゲット。かなりの自由行動。だって一人旅ですもの。遊びすぎて入国とか手荷物検査終えていないことに気付き、1時間前から猛ダッシュ。ちゃんと間に合ったけど。今回の旅で一番ありがたかったのは、このトランジットを含めて飛行機の搭乗に関するトラブルが一切なかったことですね。

ちなみに、ローマでは翌日母と合流予定。その母はフィンエアーで往路はトランジットの時間がかなり短くなり焦る→しかもフィウミチーノ空港に着いた時には、わたしの時と違ってアホほど旅客が蠢いており、たまたまわたしが空港に迎えに行ったからよかったものの、お出迎えのタクシーの運ちゃんを何故か30分以上かけて二人で探すという意味不明なタイムロスが発生しました。あれ一人だったら面倒だろうなぁ。わたし達みたいに出会えていない旅客と運ちゃんは結構たくさんいました。そして、ななななんと、母は今なう復路便の欠航に遭い、ヘルシンキで一泊中。わたしのほうが2日短く帰国したので、待っている身としては心配。今回は、そもそも新婚旅行が丸つぶれになったわたしのだだ漏れの愚痴を全て受け止めてくれた母に感謝しかない旅でした。早く帰ってきてー。

それにしても、終わりよければ全て良しだけど、急な一人旅による疲れやらなんやらでの今なうヤバイくらいの時差ぼけ、刻々と減っていく睡眠時間、意気揚々と新婚旅行行ってクラァと出てきた職場に二度と戻りたくない感満載で、もう明日も仕事にいく意味が見出せず困ってます。とはいえ、暇なので睡眠不足でも明日は仕事行ってなんとかするしかないのか。

海外に行くたび、自分が成長する反面、フツーの生活が送れなくなっていくような気がする。特に、今回は夫が行けなかったため、旅から帰ってきたあと、なんとなくのギクシャク感があります。なんか違うなーっていう。でも、まぁ行けなかったのだから仕方がない。

ちょっと、いや、かなり消化不良だった旅なので、リベンジ2017年1月を楽しみに、新しいバイトでも探そうかとか思ったりしちゃったりしてます。だって嫌なんだもん、今の仕事マジで。通勤しんどいし、なにより所詮派遣だからね。いやいや頑張る必要があるもんでもない。働きたいのは働きたいけど、今の職場を無理して頑張る必要もないと思ってしまうから、なんだかな、やる気が失せてます。

あー、早くまた、来年の1月に行きたい。

今度は、初めからマンマと二人かな(笑)

 

行けなかったところがたくさんあったのに、なぜか初めてスルスルと辿り着いたトレビの泉。

これは絶対、また近いうちにローマへ来なさいってことなんだな、ってふと感じました。

f:id:mj1021:20160719040026j:image