Johnny One Time

うさぎと犬と似非哲学者がダラダラとカオスな日常を綴るどうでも良い空間。

「ヴァルコネ」がヤバイ。

最近はもうずっとネット廃人で、一日中なにかしら触ってるんだけど、いろんなゲームをリセマラしまくるのにハマった結果、「ヴァルコネ」こと「ヴァルキリーコネクト」が非常に良ゲームだということが分かった。

 

どのあたりが良ゲーなのかというところだが、個人的に色んなゲームをリセマラしてみて、リセマラだけで終わるゲームとそうではないゲームの違いに気づいたので「ヴァルコネ」をモデルにいくつか挙げてみる。

 

・リセマラがやりやすい

最近のスマホゲーはやたらとデータが重たくて、Wi-Fiでもゆうに5分以上かかるうえに、面倒なチュートリアルをクリアした後しかガチャできないので結構時間がかかる。

 

そういう意味では「ヴァルコネ」も王道なのだが、アホほど時間のかかるゲームもあるので「解離性ミリオンアーサー」あたりに比べるとだいぶ最初のダウンロード時間が短い「ヴァルコネ」はリセマラしやすいといえるだろう。

 

・「リセマラ不要」はリセマラで終わる

最近は「リセマラ」をしなくてすむように、最初の1回はガチャをした後に「本当にコレで良い?」みたいなメッセージが出て、お気に入りキャラが出るまで延々リセマラ出来るゲームが増えている。

 

これだといちいちゲームをアンインスコしてもっかいインスコし直しみたいなことをしなくて済むのでラッキー♪と思いがちだがどうも飽きやすい。

 

「リセマラ不要」だと、リセマラしまくって気に入ったキャラをひいていざ始めたらなんだかゲームそのものがあまり面白くないように感じるのだ。

 

また、リセマラ不要でおすすめキャラが出るまで引けるということは、みんなが同じことをしているわけで、「フレンド」とかに出てくるキャラがみんな同じで面白くない、につながるような気もする。

 

「リセマラ」には本来妥協点も必要なわけで、妥協する必要がなくなる(ガチャり続ければいつかタダで当たりが引ける)と思えば、必ず引くまでやり続けるのが人間というもの。

 

でも、妥協点がないと延々ガチャり続けるから本編のゲームに行く頃にはなんか時間がかかり過ぎて飽きちゃったとなりやすいし、なにより簡単に手に入るということは「やめてもまたガチャで大当たり出せるんでしょ」という思考回路になり、ちょっと飽きたらすぐヤメるということになりやすいのである。

 

その点、「ヴァルコネ」のスゴイところは、出来れば★3キャラ(ガチャで出てくる最高レベルのキャラ)が来てくれたほうが楽だが、★1キャラでも成長させて★5に出来るので、最高レベルの★にこだわりを持つ必要がない。

 

そうなるとリセマラの妥協点も見つけやすいのでキリの良いところでゲームに入れるし、★1を育てるためにもなかなかヤメずに続けることが出来るのだ。

 

・実はリセマラよりそのあとが大事

タダでダウンロードやチュートリアル突破する時間さえあれば、いずれ大当たりのカードを手に有利にゲームを進められる「リセマラ」だが、実はリセマラ以上に大事なことがある。

 

それは、ガチャをする「石」のアイテムをどのくらい貰えるかということだ。

 

RPG系のスマホゲームには必ず「クリスタル」とか「魔道石」みたいな名前のアイテムが用意されている。

 

この石を使ってガチャをするのだが、たいていのゲームはチュートリアル突破記念にまとめて50個とか100個とかプレゼントされ、さらにシナリオクリアや1日1回ログインごとにプレゼントされることもある。

 

この石が廃課金を招くのだがそれはさておき、チュートリアル突破したりログインボーナスでもらえる石の数はゲームによってかなり異なってくる。

 

その中で「ヴァルコネ」は石の配布率が非常に高いため、リセマラをそこまでしなくても後から貰える石を貯めて10連ガチャをしたりすると、すぐに強いキャラばかりのパーティーで挑むことができるのだ。

 

・キャラクターの成長が半端ない

だいたいのRPGゲーでは、キャラクターのレベルアップや進化に別の素材が必要であるし、進化させるとレベルが1に戻ってしまう。

 

また、どのゲームも基本的にキャラクターの「レアリティー」があって、最初のガチャでリセマラを多くの人がするのはレアリティーの高いキャラクターを求めた方が長く強く楽しめるからなのである。

 

しかし、レアリティーの高いキャラクターは手に入りにくいうえに、強化や進化の素材も手に入りにくくなっていて、しかも、「進化」できないキャラも存在するのが当たり前なのだ。

 

たとえば★6が最高レアリティーだとすると★4や★5止まりになるキャラクターがたくさん存在するのが常というわけである。

 

しかし、ヴァルコネは違う。

ヴァルコネでは、なんと全キャラクターが★5になるのだ。

 

もちろん、ステータスは初期段階から★3のキャラが一番高いのだが、無課金でも必ずいつかはゲットできる★2や★1のキャラを育ててもちゃんと最高クラスの★5になるというのは夢があって良いではないか!

 

・ガチャが無料

さらにこのゲーム、課金厨になりがちな石もわりとよく配布されるうえに、石を使うガチャが1日1回無料で回せるのである。

 

無料ガチャの「マナガチャ」に至っては1日5回無料で、このマナガチャを回すだけでも★1キャラを★5にしたり、★1の武器を★5にすることができるという夢のようなシステムだ。

 

このようにハマる要素絶大のヴァルコネ、唯一の難点は成長に必要な「オーブ」をゲットするのに、やたら同じストーリーを周回せねばならず、戦闘を省略できるスピードチケットとスタミナの消費が半端ないため、できる時間が限られてしまう点だろう。

 

おそらく、このゲームの課金要素はガチャではなく、スタミナはスピードチケットにあるのではないかと思うほどで、ガチャの排出率は他のゲームに比べてかなりありがたいレベルである。

 

そのため、クリア報酬などでゲットできる石はガチャのために置いておかず、スタミナが足りない時やゲーム内の商人からレア武器などを購入するときのために置いておくべきだろう。