Johnny One Time

うさぎと犬と似非哲学者がダラダラとカオスな日常を綴るどうでも良い空間。

山ガールデビュー(服装だけ編)

人の趣味などに感化されやすいワタクシ、これまでもゲームやら音楽やら旅行やら様々な面で家族や友人、ダーリンなどの趣味の影響を色濃く受けてその時々でいろんなモノにハマっては飽きるということを繰り返してきましたが、中でも意外に飽きない趣味の一つに「山登り」があります。

 

山登りつっても引きこもりで基礎体力ないからヒマラヤはもちろん日本アルプスとか富士山なんてのも無理です。トレッキングレベルなんですがとりあえず「登山」と言い張っておきましょう。

 

思えば登山に関しては、家で仕事をしていてワタクシ以上に引きこもりの父上がなぜかハイキングにだけはよく連れて行ってくれたので、子供の頃は近所の山を庭のように駆け回っていたものです。

 

近所の山をナメてはいけません、なんせ冬季の日本アルプスに単独登頂したり、北アルプスを単独で縦走したりと山々を自由に行き来した明治から昭和にかけての有名な登山家、加藤文太郎の健脚を育んだ場所なのですから。

 

本気でクライミングの練習もできるという六甲山を縦走できるようになれば、富士山山頂も夢じゃないというわけで俄然ヤル気に満ち溢れたワタクシですが、これまでの経験は鞍馬山単独行くらいなモンです。

 

山登りは好きだけど、登山家はもっと好きなので技術も知恵もないくせに登山の歴史やら事故など知識だけは盛りだくさんにあり、エベレスト遭難事故についての蔵書や新田次郎氏の著書が本棚から溢れかえるほどになっていますのでいつかはモンブランマッターホルンなどアルプスの山々、あるいはせめてナムチェバザールくらいまで行きたいという夢と共に生きているわけですが、いかんせんナムチェバザールは標高3,400mなのでやはり富士山山頂に行ける程度の体力は備えておいたほうが憂いナシといえそうですよね。

 

というわけで、同じく山好きのダーリンに感化されてより一層高まった登山熱を満たすため、まずは装備を集めなければ!とお買い物へ行ってきました。

 

ところで、山登りの装備といえばワタクシにとってはユニクロで買ったわけわからん上着にわけわからんウエストがゴムのズボンとTシャツ、それにちょっとゴツ目のスニーカーでええんちゃうか、って感じなんですが、登山グッズの有名メーカー「mont-bell」で装備品を買い揃えているダーリン曰く「いかんいかん」らしいです。

 

お金をかける趣味はあまり好きじゃない(ただの貧乏人とは言わないデェ…)ので、わざわざ近所の山にハイキング行く程度で装備品買う必要ある!?って思ってたんですが、実際わけわからん初期装備みたいなユニクロで行くとmont-bellの高級装備品を纏ったダーリンとの差が激しくて惨めな気分に陥ってしまいました。にっくき課金ユーザー。

 

ところでmont-bellの創業者って、あのアイガー北壁を1969年に当時最年少で登攀成功したマジモンの登山家さんだったんですね!

今までメーカーの名前は知っていても創業者の経歴を知らなかったので「たっかい金取りやがって(失礼)」と思っていましたが、何人もの登山家が命を落としている難所アイガー北壁を登攀したと知った今となっては、危険な経験をした人が開発した安全性に配慮した登山グッズなら山登りに最適で、価格が多少高くてもどこのメーカーより信頼性も高いんじゃないか、と考えるようになっています。

 

なんだかmont-bellの宣伝みたいになってしまいましたが、兎にも角にも無課金のままではさすがに格好悪いしなにより動きにくい!課金の必要性を心から感じたワタクシは、ちょうど夏場という暑くて引きこもりがちな季節を迎え、山登りを封印してしまいました。

 

そして9月!今年は台風がやたら嬉しそうに近寄ってきているのですが、徐々に涼しくなり、そして夏の間の引きこもりで体力の著しい衰えを感じたため山登りを再開することにし、ついに装備品をゲットしたのです!

 

なんだか、随分前から流行している山ガールにやっとなれるような気がしてちょっと嬉しいので、まだ山中での山ガールデビューはしていないのにも関わらずゲットした装備品を紹介していきます。

 

ちなみにダーリンはリュックもウェアも靴も、まさに上から下まで名門mont-bellで揃えていますが、貧困女子のワタクシは結局ひとつもmont-bellの装備品には手が出せませんでした。

 

ダーリンとの経済的格差はこんなところにも現れるのかと涙がチョチョぎれますが、ぶつくさ言っても仕方がないのでどんどんゲットした装備品を披露していきます。

 

まず山ガールの必需品といえばリュックではないでしょうか。

 

色々ありすぎて悩みましたが、まぁスゲエ山行くわけじゃないし、ダーリンが大きめのリュックを持っているのでココは女の子らしく可愛いサイズで値段もカワイイColemanのリュックを選びました。たぶんスポーツ洋品店で6,000円くらいです。

 

f:id:mj1021:20160923001014j:image

 

色は4カラーあるみたいですがお店にはピンクとネイビーしかなかったのでピンクをゲット。

 

f:id:mj1021:20160923001152j:image

かなり持ちやすいので海外旅行とかにも持っていけるかなとワクワクしとります。

 

次に山ガールの必需品、スカートをゲットしましたがコレは帰宅してから着てみて体型的にかなりマズイことが判明。

 

セール品のcolombia製を買ったんですが、ワタクシのイメージでは写真のようになるはずでした。

 

f:id:mj1021:20160923001331j:image

 

足元のいかにも山ガールなスパッツみたいなんも買いました。

 

f:id:mj1021:20160923001414j:image

 

でもでも!スカートがパツンパツンなんです!

写真のように緩い感じでいけると思ったのに、実際履いてみるとお尻とかパッツンパッツン!履くとき軽くパリッとかイッた気がしたんですが気のせいでしょうか…。

 

とにかくこのままでは歩きにくいこと間違いなし!でも実はデザイン気に入って7,000円近い出費をしてしまったので、買い換えるのも癪に触ります。

おそらくワタクシがデブなだけなので、いつかちゃんと履ける日が来るよう戒めの意味も込めて頑張ってパツンパツンを味わっておきましょう。いや、マジでパツンパツン過ぎて恥ずかしい。

 

f:id:mj1021:20160923001845j:image

 

こうなるはずだったのになぁ。

 

さて、続いてはパーカーですが、これはお気に入りのユニクロでちゃんとしたスポーツ用をゲットしました。

 

f:id:mj1021:20160923001928j:image

ちょっとうろ覚えですが 「ポケッタブルパーカー」みたいな名前だったと思います。

 

コレ、めちゃくちゃ肌触り良くて着心地最高なんですが1,990円というスグレモノ。いやはや、ちゃんとスポーツ用のコーナーで選べばユニクロでも充分山ガールになれるってことなんですね。

 

色はユニクロならではの種類豊富なカラーの中からリュックの色味に合わせてピンクを選択。若干デーハーな感じもしますが山ガールはちょっと派手でも許されるはず!

 

ただ、このド派手なパーカーにピンクのリュックを背負って迷彩柄パツンパツンのスカートって大丈夫なんかいな。

 

だんだん微課金ユーザーならではのチグハグ感が漂ってきました。

 

最後は一番重要ともいえる靴。こればっかりはなかなか妥協できないので、いったんスポーツ洋品店やユニクロから脱却し、後日改めてアウトレットモールへ行ってきました。

 

アウトレットならもしかしたらゲットできるかも、とココでmont-bellに挑戦するも、お手頃価格の商品にはぴったりのサイズがなくて断念。

 

女子の24.0〜24.5cmってどんな靴でも、どこ行ってもだいたい売り切れが多いのよね。

 

アウトレットモールを駆け巡ってみましたがマジでどこにも気に入るデザインで可愛いお値段のぴったりサイズ靴にはまったく出会えません。

 

唯一、最後の希望の星とばかりに入ったcolombiaで、8,000円だったコチラの靴が25.0cmならあるよ、と店員さんに言われました。

 

f:id:mj1021:20160923002455j:image

 

25.0cmってなんか嫌だなー、スキー靴を昔レンタルしたときは男モン出てきたサイズだよ、と内心思いつつも登山用のちょっと厚手のソックスを拝借して履いてみると…

 

あら、ぴったり。

 

左足のほうがちょっと小さいのでブカブカになるかな、と思ったけどそんなこともなく、紐で締めたら充分ガチガチになりそうです。

 

そういえばスキー靴や登山靴はワンサイズくらい大きいものを選ぶって言いますよね。

 

なにより、この靴、履き心地めちゃ良かったのでサイズとかいう言わなきゃ分からんこだわりは捨てて即買いすることにしました。

 

f:id:mj1021:20160923002722j:image

 

というか他のデザインやカラーには25cmさえも在庫がなく到底合わないサイズしかなかったので、強制的にクールグレイに決定。

 

奇跡的にサイズの合う靴を発見できましたが選択肢がなかったゆえ、全身のバランス考えるとトータルコーディネート的にはセンス悪ってなりそうです。

 

なんか色味がグチャグチャになってそうで、ちょっと着るの怖い。

 

ま、微課金ユーザーだからオシャレ感はこの際無視するしかありませんな。

 

とりあえず、こんな感じで全身装備品をゲットできたので、早速週末には山登りクエストに出かけたいと思います!

 

最近RPGばっかやってるから頭の中がゲーム脳で、ついつい喩えもゲーム感満載になってしまいました。

 

自然と戯れてスマホ中毒脱却を図りたいのに、登山ルート調べるのにスマホ使ってる時点でその努力も水の泡、って気がしますね。