読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Johnny One Time

うさぎと犬と似非哲学者がダラダラとカオスな日常を綴るどうでも良い空間。

第一段階が終わりに近づいている

あまりに簡単に「殺人犯」になる危険性を孕む車の運転デビューするために、通い始めた教習所。

 

昔は怖かったというウワサの技能講習の先生方も時代が変わった今はとっても丁寧。

 

そんな先生を苦笑いさせるワタクシの運転下手は路上に出る前から殺人コースまっしぐらです。

 

まぁ、そんな殺人犯予備軍を路上に出すはずもないので、一段階の終わりに修了検定直前のみきわめもきっと落ちるだろう、と考えておりました。

 

AT限定なんで技能講習は12時間なんですが、10時間目の段階でもまだS字やクランクで脱輪しまくるしカーブは左折が膨らみすぎて注意されたり、道路上を真っ直ぐ走れないのでヨタヨタしまくり先生の苦笑い連発。

 

こんなんじゃ到底ダメだわ、もっと20時間くらい運転しなきゃ、てなわけで学科の勉強もほとんどしないまま、とりあえず決められたスケジュールで動くこと1ヶ月。

 

気付けば学科テストの日を迎えておりました。

テスト受けるまで知らなかったんだけど、第一段階の学科が終わればテスト→技能の見きわめ→両方OKなら技能の修了検定→仮免の学科試験、と2つずつ試験的なものがあったんですね。

ワタクシ、学科試験はテストの1回だけだと思ってました。

ちなみに、今通っている教習所では、どうやら学科の「テスト」は80点が合格ラインで2回しか受けることができず、2回とも80点以下でも技能講習の見きわめがA判定なら仮免の試験を受けさせられるそうです。

ワタクシは技能講習のほうが危ういので、「テスト」当日までほとんど勉強していなくて、教科書にコソッと書いてある項目毎のチェック問題とスマホアプリの問題50問くらいを解いただけで、「テストより技能がどうせダメだから落ちても良いや」と軽い気持ちで学科の1回目のテストを受けました。

 

ちょうど、テストの日に技能講習も見きわめだったので、学科の教科書ではなく運転教本のほうをひたすらチェック。見るのはS字とクランクで脱輪したときの脱出方法のみです(笑)

 

そして挑んだ1時間目、テスト。

問題見たら分かりやすいのと全然分からないのが入り混じっていました。ほぼ勉強してないんで、分かりやすいやつは「シートベルトが捻れたまま運転していると怪我をする可能性がある」(答えは当然○)みたいな常識的なやつですね。逆に分からん問題は標識とか「路側帯のある道路では、車は路側帯を走っても良い」みたいな(問題書いて見たけど答えは未だに不明(笑))やつで、明らかに勉強不足です。

 

結果はそれでも、なんとかギリギリ合格ラインの82点。でも実際の仮免試験は90点以上取らないとダメなので、落とした18点、9問が何だったのか復習して5問不正解まで精度を上げなければならないんですよね。

 

でもでも、しつこいようだけど技能講習が絶対まだ長引くからその間に勉強すりゃ良いや、と思ってました、ここまでは。

 

テストの結果を聞いたあと2時間目、3時間目で規定のスケジュール的にはラストの技能講習11、12限目に入ります。

 

ちなみに、ワタクシの選んだ教習のコースは60日間で免許を取れる!とかいうもので、最初から技能講習の予約を入れてくれてスケジュールを教習所側で決めてくれる楽チンコースなんですが、そのスケジュール通り行くと今回の技能講習で見きわめA判定なら翌々日に修了検定へと進むようになっています。

 

そんなわけねーだろ、この後に追加で技能講習2〜3時間は取らなきゃ無理だよ、と思いつつ挑んだ技能講習11限目。ここで見きわめスタートかと思いきや、「この時限で最後にもっかい復習したら、次の時限が見きわめです」と最初に言われました。ドキドキして損した気分。

 

で、復習したんですけどやっぱりS字とクランク落ちまくるよ。あと左折が膨らんだりスピードが安定しなかったりと、ダメ出しの連続。でもダメ出しも納得できるほど、自分でも頭で考えてることが行動(運転)に実践できなくて、やっぱりこりゃ見きわめまだNGだろうなと思いました。

 

それでも、とりあえず見きわめまでは進んでしまうのね。

 

規定の時間ラスト、12限目は初めて当たる先生で「この時間が見きわめです〜」と早速運転席に座らされてしまいました。

 

でも、なんだか先生の相性ってあるのかしら?

雑談しながら車を走らせて、まずは内周を2周ほど回り、特に問題なく進路変更や右左折を経て外周へ。こちらの運転も特段なにも言われず、たった一度しか行ったことのない坂道へと進んでいきます。坂道は、一度しか行ったことがないので最初の停止線はしっかり停車できたんですが、坂道出口で停止するのを忘れました。テヘッ。

坂道は登り切るまで軽くアクセル、頂上からはブレーキをかけてトロトロ運転をしながら出口手前で一旦停止、ですね。

ご指摘を受けたお陰で、もう一度外周から坂道に入った2回目は無事に停止、発進できました。

それにしても、これまでの技能講習で延々失敗し続けていたカーブの曲がり方やスピードの落とし方が異様に上手く出来たのは偶然なのか!?

これまでずっと言われていた注意をまったく受けることなく、踏切へ。踏切の停止もまぁなんとか出来て、発進前に少しハンドルを戻しておくことも忘れずにクリア。ゆっくりと道に出て優先道路は原則、左折はウィンカー出したあとサクッとサイドミラーと巻き込み確認をして、右折はウィンカー出したあと右側確認したあと右寄りに。交差点の右折は中央のマーク手前でハンドルを切るとか、いろいろやってついにS字とクランクへ。

 

やっぱりS字とクランクはバッチリ失敗しました。右前が当たりそうなときは右側にハンドルを切ってバックしたあと元の位置あたりに戻したら左側に思い切りハンドルを切ってからドライブに、左前が当たりそうなときは左側にハンドルを切ってバック、真っ直ぐになったら右側に思い切りハンドルを切る。左側が脱輪したらハンドルを切らずにそのままバック、ちょっとハンドルを右寄りにしてドライブ、右が脱輪したらハンドル切らずにそのままバック、ちょっと左にハンドルを切ってドライブにする…っていうコツを掴むのが難しい!でも修了検定のときには脱輪しても脱出できたら減点だけでセーフとのことなので、ここをしっかりと覚えて実践したいものですよね。

 

見きわめの先生はすごく優しくて、「修了検定のときは助言も出来ないけど先生が助手席で変な動きしてたらヤバイときだからブレーキかけてハンドル逆側にちょっと切るとかして調整してみて」と修了検定をクリア出来るコツを教えてくれました(笑)とにかく修了検定ではまず制限速度以上出す、一旦停止を忘れる、脱輪から脱却できない、ぶつかる(手前で先生がブレーキ踏む)などをすると一発アウトになってしまうので、まずはそこを気をつけるべしとのことでした。なるほどなぁ〜。

 

S字とクランクは苦手なので、何度か回っていただけましたが、停車位置への進入、停止、発進は2ヶ所をそれぞれ一度だけ。運良く出来てしまい、結局なぜか「全然いけるよね。もう修了試験行っちゃおう。」と見きわめ先生の一言でA判定になってしまいました。

 

…って、ええんかい、これで!?

 

「え、まだ全然ダメっぽいんですけど」

 

と抗議(?)したものの、

「自信はそりゃないと思うけど、修了試験受けて良いレベルには達してるから受けちゃおう!」

と受け付けてもらえず(涙)

 

そりゃ免許は早く欲しいけど、今までの11時限目までずっとダメダメだったのに、なんで見きわめの時だけ奇跡的にスムーズな運転が出来てんのよ、ワタクシ!逆に怖いわ、と思いつつも、まぁ見きわめB判定を覆したくて頑張る人はいてもA判定を覆そうと足掻く人はたぶん相当少ないと思うので泣く泣く結果を受け入れました。

 

見きわめはギリギリっていうかS字とクランクで助言なしだと明らかに脱輪やらなんやらでアウトになるレベルなのにA判定をいただいてしまい、学科は仮免試験で90点以上取らないといけないのにテスト段階では82点で合格判定をいただいてしまい、とにかくヤバイ感じなのに先に進まされてしまったワタクシ。

 

こうなりゃ、修了検定とりあえず早めに受けて落ちて補修を受けようというわけで、当初組まれたスケジュール通り、翌々日の修了検定を申し込んでみました。

 

明後日、土曜日に早速「当日」がやってきます。ここでS字やクランクでNGになるのか、はたまた何らかのミスをしてNGになるのか分かりませんが、今回の見きわめは明らかに奇跡的な出来だったので修了検定は何度か受けないといけないような気がしてなりません。

 

念のため補修教習って金かかるの!?と一番のお悩みポイントを聞いてみたところ、「無料ですよ」と受付のお姉さんが素敵な笑顔とともに返してくれました。

 

やったじゃん!これなら安心して修了検定落ちれるね!

 

この修了検定不合格後の補修教習は有料だと思っていたので、見きわめがダメダメなのにA判定をもらった瞬間「あ、もしかして修了試験落ちた後の補修で儲けようとしてるのか」と思ったんですが、無料と聞いて「良心的な先生だ!」と評価急上昇。

 

いやしいけどお金は大切ですもの。

 

ちなみに、修了検定落ちたら仮免の学科試験は受けられません。修了検定合格して初めて学科試験が受けられるので、ワタクシは学科の勉強をしないでおこうと思います。だって明後日なんだもん、明日忙しいし勉強する時間がないのよね。

 

てなわけで、まぁ今の目標としては修了検定に2〜3回目で合格する、学科試験は追試てとこです。

 

あ、でも確か学科試験は追試になると金かかるんだよなぁ。(3,000円くらいだったと思う)