Johnny One Time

うさぎと犬と似非哲学者がダラダラとカオスな日常を綴るどうでも良い空間。

今さらだけど動物占いは当たると実感。

運転免許を取りに30代半ばにして生まれて初めて教習所へ通っているのですが、あまりの運転のド下手ぶりに自分でもビックリしてなんか色々調べるうちに「星座別事故率」っていうのを見て魚座の事故率の高さに納得しました。

 

で、なぜか占いつながりから久々に動物占いのまとめなんかを読んでみたところ、あまりにハッピーな家庭環境に生まれ育ってたんだなぁってことに気付いたのです!

 

ワタクシは羽があると飛べるけど時々心折れて羽も折れて完全にタダの馬以下になってしまうことがあるペガサスなんですね。

 

それも「波乱に満ちたペガサス」とかいう嵐でも呼んできそうなハードな雰囲気のタイプで、まぁ同じタイプの有名人も「マツコ・デラックス」!とかアンガールの田中さんとか!(何故に田中さんだけさん付け?笑)なんかへんちくりん(ごめんなさい)な人ばっかです。

 

あ、でも一応、松潤とか相武紗季さんも同じタイプだそうなので、それはちょっと嬉しい。それにしてもマツコと相武紗季ではだいぶ振れ幅デカイな。ワタクシ間違いなく見た目はマツコ寄りです。

 

さてさて、今回注目したのは動物占いによる人間関係なんですが、もう笑っちゃうくらい当たってて幸せなのが「たぬき」さんとの関係。

 

ペガサスにとって、たぬきは「なごみの関係」なんですって。

「笑顔で迎えてくれる心のふるさと」と書いてあり、『たぬきはペガサスが自分の都合で振り回しても怒ったりったりしない。しばらく連絡しなくても久々に甘えに行っても、いつもどおり迎えてくれ、ペガサスにとって、心のふるさと。』となっています。

 

心のふるさと。

自分の都合で振り回しても怒らない。

連絡しなくて久々に甘えに行ってもいつも通り迎えてくれる。

 

これって、まさに家族の理想的な姿ですよね。子供にとっての母親みたいな。

 

そう!実はワタクシの母上はまさにこの「たぬき」さんなんです。しかも「緑のたぬき」っていう完全にインスタントラーメンの世界に入っちゃってる方なんですけど、本当に良く出来た母上で、愛情深いうえに放置プレーもしっかりしてくれて、独立した今は無事の確認に時折LINE入れるくらいなんですが、お互いのほほんとしています。そして、ワタクシはドタキャン帝王なので「明日会おうよ」とか誘っときながら「ドタマ痛い無理すまぬ」と翌日断ったりするんですが、母上は笑って許してくれるんですぅ。感激する前に直せよって感じなんですが、本当感謝してもしきれないほど素晴らしい母上で、ワタクシが気兼ねなくトコトン甘えられる唯一の方でございます。

 

それにしても、ペガサスにとって心のふるさととまで言われる癒しキャラが実の母上って、このうえなく幸せなことじゃないですか!

 

だから大人になった今でも恥ずかしげもなく甘えられるし、一緒に旅行とかすぐ行っちゃうんですね。

 

母上とは星座も蟹座&魚座、血液型は同じA型、ちなみに四柱推命でも同じ「偏財」でなんだかとても仲良しです。

 

でも、ワタクシの幸せって母上との関係だけではありませんでした。

 

父上がゾウなんですけど、これまたゾウって

「親友の関係」で「信頼できる一生の心の友」なんてことが書いてあります。


『ペガサスはゾウと自分は似ていると思って勝手に親近感を覚える。人の意見を気にしないペガサスには珍しく、ゾウの言ったひと言は記憶に残る。信頼できる、一生の心の友になれる。』

 

ほほう。

父上なんで心の友なのかどうかは分かりませんが、そもそも心の友ってジャイアンのセリフしか思いつきませんよ。

 

いやはや、でも確かに趣味とか合うし、父上の一言ってなんかずしっと来るんですよね。絶対間違ったことは言わないっていう信頼感がある。仲良しで甘えられる母上がたぬきで、どしっと存在感のあるゾウが父上ってペガサスにとっては理想的なのではないでしょうか。

 

そして、唯一と言っても良い大親友の動物占いキャラは「こじか」なんですが、これがまたまさかの偶然!?

 

こじかは「親友の関係」、「なつかれて身内的な愛情が生まれる」とありました。

なつかれているかどうかは別にして、確かに大親友に対しては友達というより姉妹的な感覚を持っています。


『お互いのことはあまり深く知らないのに、こじかに妙になつかれる。「親友だよね」と言われたら、けっこうそんな気もして、こじかのためにできることは何でもしてあげたくなる。』

 

うんうん、あんまり人のために動かないけどこじかの大親友のためにはこれまでない知恵を振り絞って色々アドバイスしたり協力したな、そういえば。

 

当たってるわぁ。

 

こじかちゃんは「助ける」ことが多いんだけど、逆に何かとフォローしてくれるのが「ひつじ」のお友達。

 

ひつじとペガサスの関係を見てみると、「友達の関係」おお、さすが。

しかも「頼りっぱなしで申しわけない友人」って書いてある!当たりすぎやろ。
『悪いなぁと思うくらい、ひつじはペガサスによくしてくれる。分からないことは聞けばなんでもていねいに教えてくれるし、ペガサスのミスのフォローもしてくれる。』

まさにこの通りなんですよね。

この人どんだけお人好しなのよ、とか、変な気あるんじゃないのと誤解しそうなくらい、ひつじさんはみんな優しいんですけど、こういう関係の上で成り立っていたのかと目からウロコ。

 

ところで、ワタクシ、実は大好きで憧れている動物占いキャラがいるんです。

 

「狼」さんなんですが、どこに憧れているかというと、とにかくその落ち着きなんです。

なんか狼の人ってペガサスと同じように妙ちくりん(失礼)な人多いんだけど、なぜだかペガサスよりもだいぶ地に足がついている感じを受けます。まぁ実際、ペガサスは飛んでるから地に足ついてないわな。

 

落ち着きはあるのに、ペガサスのワタクシを変人扱いしない!または変人扱いしつつも「残念ながらソレ分かるわ」みたいな感じで共感してくれたり、あるいはワタクシの落ち着きのなさを「クルクル動き回ってて面白い」と評価してくれる数少ない方々なんですよね。

 

で、調べてみるとこれがまたドンピシャ。

狼は「友達の関係」、「特別扱いしないので気楽につき合える」とのこと。


『ペガサスのユニークな発想を狼は変人扱いしないで、受け止めてくれる。気軽にいろんなことを話せ、親切に面倒も見てくれるので大事にするべき。自分と社会の架け橋になってくれる。』

 

確かに!確かに!

なんかね、狼の人って面倒臭がりで自由気ままなマイペースさんなのに、なぜかちゃんと面倒見てくれるんです。

そして、ワタクシのわけわかめな発想もちゃんと聞いてくれて結構現実的なアドバイスをしてくれたりするので気楽に気軽に接することが出来るし、なんか地に足をつけて生きる狼さんの姿を見ていると安心するんですよね。

 

でもね、一方では同じような変人なのにうまく社会に溶け込んでて良いな、とちょっと妬ましいとこもあるんです。でもそれがペガサスにない狼の魅力なんですよね。

だから、異性でも同性でもワタクシは狼にとにかく惹かれる。

 

実は結婚した夫が「狼」で、やっぱり毎日ワタクシのわけわかめな話をちゃんと聞いてくれるし(時々聞いてないけど笑)地に足ついてて安心なんです。

 

一緒に生活していたら、狼さんもだいぶ変なトコあるし、ボケてるとこもあるので面白いです。ペガサスより変わってるんじゃないかな。