読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Johnny One Time

うさぎと犬と似非哲学者がダラダラとカオスな日常を綴るどうでも良い空間。

【EMILI】話題の電子タバコ「EMILI」をゲットしてみた

週末になると立ち寄るスナックで電子タバコを勧められたので早速買ってみた。

人生初の電子タバコ、とりあえず開封の儀を行いレビューするが基本的には愛煙家が禁煙するための記事なので嫌煙家の方はご覧にならないようにお気を付けください。

(ご家族の禁煙に協力したい!なんてときにはオススメです)

 

もともとあまりタバコは吸わない・・・というより吸っていても「吹かす」タイプで、嫌煙家には顔をしかめられ(そもそもタバコを吸わない人の周りではわたしも吸わないが)愛煙家にさえも「お前の吸い方は論外だ」と認められず、中途半端としかいえないスタイルの「吹かし型」は、こうもりのような存在で仲間が少ない。

 

吹かすだけならヤメたら!?と言われ、自分自身でもそう思うのだが、これが不思議なことに肺に煙が入っていなくてもタバコを止めると突然手持ち無沙汰になってしまい、食べ過ぎたり飲み過ぎたりと弊害が起きてしまう。

 

家の換気扇の下でちょっと吸うくらいなら良いんじゃない(同居の家族も喫煙者)ということで、これまでタバコを吹かし続け世にももったいない税金を払い続けていたのだが、数少ない吹かし型の友人が「我々にとってはニコチンの入っていない電子タバコが最良だということに気づいた」と突然、普通のタバコを止めた。

 

彼女は禁煙しつつも「iQOS」などの電子タバコに手を出していたが、「iQOS」はランニングコストがかかるうえ、ニコチンが入っているのでタバコと基本的には同じような害がある。煙が出ないので副流煙の弊害がなく、喫煙しない第三者にとってはありがたいが、一方で喫煙者の身体自体にはニコチンが入っているので禁煙しているとは言いがたい。

さらに「iQOS」は吹かす人間にとって、

1.本体代が高い

2.普通のタバコと同じくらいのランニングコストがかかる

3.煙が出ない

とデメリットだらけの商品だ。

なぜなら吹かし型にとって大切なのはニコチンではなく、「煙」だからである。

 

そして充電が持たないやら面倒やら、と友人は「iQOS」を使いながら文句を言い続け「吹かしタイプだとこれでは止められん」とついに使用を中止。

 

その後、再度喫煙を開始したり、ほかの電子タバコに挑戦したりと紆余曲折を経て彼女がたどり着いたのが【EMILI(エミリ)】だった。

 

実際、スナックで勧められた際にわたしも拝借してみたのだが、なにより吹かし型にとって嬉しい煙過多!ニコチンも何も入っていないので煙は単なる水蒸気なのだが、なるほど煙を出して手持ち無沙汰な時間を潰せるならこれで十分なのではないかと考え、すっかりお気に召したのでAmazonにてその場で購入した。

 

真夜中でも思い立ったらすぐに購入できる密林、恐るべし。

そして翌日には到着。密林、恐るべし。

 

さてさて。

【EMILI】のスタータキットは店舗や取り扱い通販サイトによって値段が異なり、Amazonで人気が高かったのは6,980円のスタータキットだ。

 

しかしわたしはケチって5,180円のものを購入。

レビューは1件のみ、★2しかなかったのでドキドキしながら商品の到着を待つ。

 

f:id:mj1021:20161024102952j:image

 キターーーーーー!

 

ちなみにEMILIのケースカラーはブラック、ホワイト、シルバー、ウッドとあり一番人気はウッドだそうだ。

 

f:id:mj1021:20161024105822j:plain

 

友人はホワイトを持っていたが上品で電子タバコのケースには到底見えなかった。

ブラックにしようかと考えたが指紋が目立ちそうなのでシルバーで決定。

カラーを選ぶあたりは、もはや電子タバコ選びというよりスマホ選びの気配がプンプン漂っている。

f:id:mj1021:20161024102958j:image

 シルバーは少し男性的なイメージ。思ったとおり指紋がつかない質感で良かった。

→と思ったら再度が結構指紋目立ちます!!

f:id:mj1021:20161024103007j:image

裏を向けると、もうほとんどスマホにしか見えない。

f:id:mj1021:20161024103514j:plain

 中にはアトマイザー本体がブラック、ホワイトと2本入っている。2本入りは結構珍しいようだが、それ以上に電子タバコの常識をくつがえす、極細(タバコとほぼ同じ長さ・太さ)スタイリッシュな見た目に感激した。

f:id:mj1021:20161024103240j:image

内容物は、

・USB充電ケーブル×1

・充電ケース×1

・アトマイザー×2

・説明書(日本語表記あり)×1

となっている。

正直、今回購入した5,180円のスタータキットと、Amazonでレビューの多い(しかも★4以上!)6,980円のスタータキットと何が違うのか分からない。

 

ちなみに、わたしが買ったのは以下のタイプなので念のためリンクを貼っておく。

 

Amazon EMILI スターターキット EMILI日本正規代理店限定 

安心の【正規日本語説明書、正規メーカー1ヶ月保証書同封】

 

人気商品はコチラ↓↓

Amazon 【スターターキット】 EMILI smiss (SILVER)

 

以前は説明書の日本語訳がなかったそうだが、これも売れ筋商品となった今、安い商品でも正規のものにはついているようなので安心。

 

ただしスタータキットにはフレーバーリキッドがついていないので、実際に使いたい場合はキットだけを購入してもすぐには利用できない点に注意が必要だ。

 

楽天だとリキッドがおまけでついてくる、というものも選べるのでお好きなほうをドゾー。ていうかリキッドついてくるのはかなりお得!

item.rakuten.co.jp

さて、Amazonで買っちまったわたしは、リキッドも別売のものを同時購入。

 

ハイパーメンソールとグリーンアップルで、各1,070円だった。

■ハイパーメンソール

Amazon  電子タバコ リキッド ハイパーメンソール 国産ブランドBI-SO 15ml

 

■グリーンアップル

www.amazon.co.jp

 

中国製のリキッドなどには一部発がん性物質が含まれているそうなので、多少値段が張っても国産を選ぶべし!

 

f:id:mj1021:20161024103308j:image

実際、どのくらいリキッドを注入するべきなのか、そして1本のリキッド(15ml)でどの程度の期間持つものなのかは、これから検証していくしかない。

 

とにかく友人が「大人のおもちゃ」(うーん…)と評した電子タバコ「EMILI」は確かにちょっとテンションの上がるブツであることは間違いなさそうである。

 

届いたあとは、まず充電をせねば!ということで今なうUSB充電中。

充電方法や使用感レビューは次の記事でご紹介しようと思う。