読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Johnny One Time

うさぎと犬と似非哲学者がダラダラとカオスな日常を綴るどうでも良い空間。

願望

最近、毎日「死にたい」って思ってる。こんなこと書くと、死に直面した、たとえば若くして大病を患っている人などが聞くと「何を甘えたこと抜かしてるんだ」なんて感じるかもしれない。確かに甘えている。死の恐怖を味わったことがないから、死にたいと感じるのかもしれない。でもね、それだけじゃないんだ。

 

死にたいと思うのはこの世に未練がないから。

生きたいと執着を持つほどやりたいこともなくて、一緒に生きていきたい人や守りたいもの、夢や希望、なんにもないからなんだ。

 

まさに人生の無駄遣い。

 

人にあげられるものなら、いくらでもこんな人生あげたいと思う。いま、もっと長く生きたいと思っている人に命の蝋燭の残りを継ぎ足してあげられるものなら、いくらでも差し出したい。

 

わたしには、この人生を上手く歩んでいく自信がない。他の人なら、もっと上手く使ってくれるかもしれないのにね。

 

人生は不公平。

生きたいと願う人が生きられなくて、死にたいと願う人が生きてしまうなんて。

 

いつか、生あることに感謝できる日がくるのだろうか。